スマートボーイのように逃げたい…

nigeによる競馬の考察・予想ブログです。
体調崩して会社辞める⇒プロ予想家⇒競馬王デビュー⇒単行本決定⇒発売中(イマココ)
中央の芝重賞、地方競馬予想(南関東)が中心で、中央のダート、地方交流重賞は、有料配信で予想公開しています。
連絡 ⇒ info@nigetai.com 有料予想 ⇒ http://www.nigetai.com/
マイルチャンピオンシップ 2017 【予想】 後半減速ラップになるような流れになれば、この馬の長所が生きる

2017年11月19日(日)
京都11R マイルチャンピオンシップ(G1)
芝1600m 3歳以上 定量 15:40発走



本命は、サトノアラジン

前走は、唯でさえ距離が長かったのに超時計のかかる馬場で、全く競馬にならなかった。
参考外としていいレース。


この馬は、加速に時間がかかるなので、ペースが流れて瞬発力の重要度が下がった方がいいタイプ。

東京ならペースが多少遅くても、直線の長さでカバーできるが、京都ならやや早めくらいは流れてほしい。

今年は、マルターズアポジーがある程度のペースで引っ張ってくれるはず。
後半減速ラップになるような流れになれば、この馬の長所が生きる形になる。


去年は5着だったが、4コーナーで少し押さえて内から差してきたので、加速に時間がかかり、直線で致命的な不利もあった。
そもそも、ミッキーアイルの平均ペース逃げで、中団から追走できていた時点で、展開不向き。

長所が生きない中で、あれだけ走れるのなら十分勝負できる。

外枠ならもっと自信があったのだが、前走の凡走で、ここまで人気が落ちるなら狙う価値はある。



相手は、

前走は、ペースの遅さに押さえきれない感じで浮上して、エアスピネルを追いかけたが2着。
終始外を走ったのと、エアスピネルの得意な上がりのかかる条件だった分の差。
定量でペースが流れる本番のここなら、更にいい走りが期待できるイスラボニータ

前走は、前が残れる展開だったが、直線で外に出せてからトップスピードに入るとその脚を長く使って差し切り勝ち。
自ら速い上がりが使える馬なので、直線バラける京都なら安田記念同様の走りができていいレッドファルクス

まで。


人気のエアスピネルは、消した。

前走は、早め先頭から押し切って久しぶりの勝利。
ただ、得意の上がりが少しかかる馬場で前残りの展開といういい条件だった。

速い上がりの勝負になると勝ちきれないところを見せているので、このメンバーだと3着までと考えて軽視。


<予想>
◎サトノアラジン
○イスラボニータ
▲レッドファルクス

 

 


 

 

 

 


 

 

2017年 中央競馬予想 | - | -
今日の中央競馬・地方競馬(2017/11/19)マイルCS・ダービーグランプリなど

昨日は、中央競馬が残念な結果でしたが、地方は水沢で的中。
 

 

 

 


今日の中央競馬は、


東京10R 錦秋S(1600万下)
http://yoso.netkeiba.com/?pid=race_yoso_list&race_id=201705050610

東京11R 霜月S(オープン)
http://yoso.netkeiba.com/?pid=race_yoso_list&race_id=201705050611

京都11R マイルCS(G1)
http://yoso.netkeiba.com/?pid=race_yoso_list&race_id=201708050611

京都12R 西陣S(1600万下)
http://yoso.netkeiba.com/?pid=race_yoso_list&race_id=201708050612


※まとめ
http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=102


地方競馬は、

水沢10R 楽天競馬賞 スプリント特別
http://yoso.netkeiba.com/nar/?pid=race_yoso_list&race_id=201736111910

水沢11R ダービーグランプリ
http://yoso.netkeiba.com/nar/?pid=race_yoso_list&race_id=201736111911

を予想しています。


あと、かなり早いですが、火曜日の

園田10R 兵庫ジュニアグランプリ(Jpn2)
http://yoso.netkeiba.com/nar/?pid=race_yoso_list&race_id=201750112110


も予想しています。


地方競馬の調子がいいので、中央もいい結果が出ることを願っています。



 

 

 

2017年 中央競馬予想 | - | -
エリザベス女王杯 2017 【予想】 前の馬が大きく止まっていない所を差し切ったのは強い内容

2017年11月12日(日)
京都11R エリザベス女王杯(G1)
芝2200m 3歳以上牝 定量 15:40発走


ダートの予想は、配信とnetkeibaで公開中です↓
http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=102


本命は、ディアドラ

前走は、出遅れてしまって後方4番手から追走。
残り800mから徐々に進出して、4コーナーに入る所で前の集団が外に出してできた内の進路から中団やや前まで上がって直線へ。

直線に入って、徐々に外に出しながら伸びてきてリスグラシューの外に出して、勢い止まらず差し切り勝ち。

ルメール騎手の進路取りが完璧だったのはあるが、上がり3F12.5-12.1-12.4のところを、残り200mでまだ3馬身差はあったのに差し切っていて、前の馬が大きく止まっていない所を差し切ったのは強い内容。


重い馬場でペースが流れる展開が理想とは思うが、軽い馬場で時計が出ていた馬場のオークスで、スローペースからの4F勝負で33.9秒の最速上がりタイの脚で0.7秒差。

紫苑Sでも、時計が出ていた馬場で、終始外を走らされて(特に、4コーナーは6等分くらい外)、全くスムーズな競馬ができていない中で、33.8秒の脚を使って差し切っている。

成長を感じる近走の走りから、今なら軽い馬場でも、今回の相手で差しきれていい。



対抗は、モズカッチャン

前走は、スタートよく、すぐに内に入れて好位内の5番手から追走。
3コーナーで外に切り替えて、進出を開始して直線に先頭で入り、そのまま粘っていたが残り100mで脚が止まって差されて3着。

結果的に差されてしまったが、やや速い一定ラップの流れを、早め先頭であそこまで粘ったのは負けて強しの内容。

今回は、外回りに替わるので前走より前走よりはペースが落ち着く可能性が高い。

軽い馬場の遅い流れだと、オークスで好位から上がり3位タイの脚で2着。
フローラSでも、33.9秒の最速上がりの脚で差し切りがちで、京都外回りの良馬場に替わるのは歓迎。

枠順的にもまた内枠に入って運もあり、前走うまく行き過ぎた感のある本命馬に先着してもいい。



単穴は、リスグラシュー

前走は、スタートでバランスを崩して出遅れたが、少し出して行って中団から追走。
残り800mから進出を開始して、4コーナーで外から4番手まで上がって直線に入り、最後まで伸びてきたがディアドラの方が勢いがあり差されて2着。

負けはしたが、相手が完璧な進路取りをした分の差で、外から進出して2着まで持ってきたのは強い内容。

今回は、京都の外回りに替わるので、スローペースになってしまうと抜けて速い上がりを使う馬ではないので、分が悪くなる。

それでも、毎回自分の脚だけはしっかり使ってくるので、スローペースからの上がり勝負にさえならなければ、しっかり上位争いに加わってくる脚は使える。

福永騎手への乗り替わりが嫌われてなのか、能力以上に人気は低いので、配当的にも魅力あり期待する。




怖いのは、ヴィブロスとルージュバック。

ただ、この2頭は33秒台の上がり勝負になったときにトップスピードの速い脚を使えるのが強みで、どちらも前走は、スローペースからの上がり勝負。
2200mの距離が微妙だし、少しでもペースが流れる長所が生きないと考えている。

ペースがかなり落ちてくれたら、好走のチャンスあるが、人気を考えると積極的に狙いたい条件ではない。


秋華賞の上位3頭がこの条件なら強いと考えているので、シンプルに3頭で勝負する。


<予想>
◎ディアドラ
○モズカッチャン
▲リスグラシュー



2017年 中央競馬予想 | - | -
アルゼンチン共和国杯 2017 【予想】 前走は、敗因がしっかりあるので条件替わりで巻き返せる

2017年11月5日(日)
東京11R アルゼンチン共和国杯(G2)
芝2500m 3歳以上 ハンデ 15:35発走


本命は、アルバート

前走は、スタートして前に行けそうな行き脚だったが、少し控えて中団馬群の中から追走。
3コーナーから進出していたところを、4コーナーで前から急に下がってきた馬を避ける不利。
すぐに立て直して追い出したが、7着まで。

負けはしたが、不利がありながら外に出して伸びてて0.5秒差は、強さを感じる内容。

唯でさえ距離不足の2200m戦で、展開的にも前半スローペースから、後半800mだけのレースだったので、3コーナーで中団後ろの位置の時点で厳しいレースでもあったので、仕方ない敗戦。


今年も、去年と同じアルゼンチン共和国杯→ステイヤーズS→有馬記念のローテと思うので、賞金的にはここと次走が稼ぎどころ。

上がりがかかる競馬の方が内容がいいので、中山の方が期待できるのはあるが、33秒台の上がりも使える馬で東京にも対応。
去年のこのレース2着、ダイヤモンドSを58kgで勝利して結果を出している。

今回は、58.5kgになるが、相手は揃っていないので気にならない。

シュタルケ騎手というのが気になるくらいで、直線でスムーズに外に出せたら差しきれると考えて期待する。



相手は、

去年のこのレースは完敗も、使われながら力を付けて、丹頂SでOP特別勝ち。
スローペースだと厳しいが、少しペースが流れると後方から長くいい脚を使って浮上してくるプレストウィック

2015年の宝塚記念2着以降は、馬券圏内に来れていないが、近走は重賞で0.5秒差以内で走れている。
54kgで走れて、広いコースの上がり勝負になれば面白いデニムアンドルビー

常に相手なりの走りで、格上挑戦した七夕賞でも3着。
東京2400mでは、(1.0.3.0)と馬券圏外がなく、53kgで不気味なソールインパクト

東京コースは歓迎で、力を出せれば勝ってもいい力はある。
ただ、ダービーの疲れが抜けなかった影響で復帰が遅れた臨戦過程を考えると明らかに人気しすぎのスワーヴリチャード

前に行ったら少し甘くなって、控えたら上位までは届かないがそこそこの脚を使って、ワンパンチ足りない。
それでも、東京の長距離戦がベストなのは間違いないので、相手の走り次第で浮上してきていいレコンダイト

の5頭で。


<予想>
◎アルバート
○プレストウィック
▲デニムアンドルビー
△ソールインパクト
△スワーヴリチャード
☆レコンダイト

 

 

 


 

 

2017年 中央競馬予想 | - | -
天皇賞・秋 2017 【予想】 台風で馬場が悪くなるということで、自分の中で本命は2択になった

2017年10月29日(日)
東京11R 天皇賞・秋(G1)
芝2000m 3歳以上 定量 15:40発走


台風で馬場が悪くなるということで、自分の中で本命は2択になった。


その2頭で、本命はヤマカツエース

前走は、スタートしてすぐに外から前に行かれたので、少しずつ外に出して中団外から追走。
コーナーで少し位置を上げて、中団やや前の5番手から追走。

3コーナーからじわっと前に進出して行って、直線に入ってじわじわ伸びていたが、外から一気に差されて3着。

先着した2頭は夏に使っていて、前半中団やや後ろの内で動いていなかった馬なので、枠順とと使われていた差なので気にしないでいい。


この馬は、瞬発力・トップスピードの速さもあるが、長くいい脚が使える持続力が、この馬の良さ。

超スローペースだった金鯱賞(上がり3F33.1秒:3位)、中山金杯(上がり3F33.0秒:5位)を勝っているが、4着だった有馬記念(上がり3F35.1秒:1位)や超時計のかかる馬場だった福島記念(上がり3F37.4秒:1位)のように上がりのかかる流れで、より長所が生きる。

大阪杯で上がり33秒台のG1でも対応できる成長力を見せているが、G1で勝つことを考えると上がりのかかる馬場の方が期待できる。


今回は、恵みの台風が来て、土曜からずっと雨。
ここをぶっつけではなく、札幌記念を使ってきているので、ここへの勝負度は十分ある。

良馬場なら相手まだだったが、上がりがかかる条件になるなら積極的に狙いたい。



対抗は、サトノクラウン

前走は、出たなりで中団外から追走。
ペースが落ちたところを少しずつ位置を上げて、好位集団の外まで上がって楽な手応えで直線外に出すと、相手が止まる所を一気に交わして勝利。

前半は遅めだったが、後半5F11.7-11.6-11.8-11.7-11.8のロングスパート戦。
雨の影響がある馬場で、ペースも流れて長くいい脚を見せて強い内容だった。


この馬は、速い上がりに対応できないので、上がりがかかる馬場が理想。

弥生賞や、2連覇した京都記念は、雨の影響で時計のかかる馬場。
去年の京都記念は、上がり3F36.6秒で最速上がりになったくらいの時計のかかる馬場だった。

香港ヴァーズの勝ち時計は、2:26.22。
時計がかかれば海外でも戦えるくらい走りができることは、実績が証明している。

東京2000mで良馬場だとバッサリだったが、恵みの雨。
対抗にしたのは、想定より雨が振らなかった場合やちょっと内すぎる枠を考えて。



以下は相手に、

前走は、中団で上手くレースの流れに乗って、毎日王冠を差し切り勝ち。
瞬発力・トップスピードの速さ・持続力全てにおいて、高いレベルの馬なので、極端な高速馬場よりは雨の影響がある方が総合力が生きるリアルスティール

叩き良化型と言うか狙ったレースにしっかり仕上げて厩舎なので、毎日王冠(15年7着、16年5着)を叩いて天皇賞・秋を2年連続馬券圏内(15年2着、16年3着)。
今年は距離が長いオールカマーからの参戦で、ベストの距離への距離短縮ローテ。時計のかかる馬場も対応しているステファノス

得意なのは緩いペースからの上がり勝負だが、上位の上がりを使うタイプではないので、直線が長い東京がいいとは感じない。
ただ、春にG1を2勝しているような馬で、まだ5歳なら能力で馬券圏内に持ってきてしまうのは、過去の傾向に出ている。
消すのには危険なキタサンブラック

まで。


<予想>
◎ヤマカツエース
○サトノクラウン
▲リアルスティール
△ステファノス
☆キタサンブラック

 

 

 


 

 

2017年 中央競馬予想 | - | -
府中牝馬ステークス 2017 【予想】 良い方に条件が一変

2017年10月14日(土)
東京11R 府中牝馬ステークス(G2)
芝1800m 3歳以上牝 別定 15:45発走



本命は、アドマイヤリード

前走は、小回り1周コースの札幌で、時計も出ていた馬場。
仕上げ的にも、G1馬なので目標の訳がなく、後方からコーナーでかなり外を走らされて回ってきただけ。

負けて当然のレースだった。


今回は、ワンターンで直線の長い東京に変わり、得意の雨の影響もある馬場で、良い方に条件が一変。

また、4走前の飛鳥S(1600万下)では、雨の影響が残る馬場で、ラスト3F12.0-11.6-11.3の加速ラップの流れを、外から自ら動いての完勝。

阪神牝馬Sでも、かなり時計のかかる平均ペースを、最速上がりタイで差し切り勝ち。
雨の影響がある馬場も歓迎。

気になるのは、1600mの距離を短くして内容が良くなったので、1800mの距離。

ベストかと言われると違うと思うが、ダメではないので力は出せると考えて期待する。



相手は、

去年はこのレースを好位から上がり2位タイ(33.5秒)の上がりを使って勝利。
雨の影響の馬場になるが、16年の京都牝馬Sでは、かなり時計のかかる馬場で勝っていて対応可能。
すんなり好位を取れれば残り目あっていいクイーンズリング

重賞で5戦連続3着以内の安定感で、前に行ってしぶとく、差してもいい脚が使えている。
上がりがかかるのは歓迎で、持続力を生かしたいので、雨の影響のある馬場なら、このメンバーでも魅力あるクインズミラーグロ

ドバイターフではビックリの勝利だったが、時計がかかっていた馬場で勝てたのは収穫。
そうは言っても、国内では時計が出る馬場で結果を出してきて、海外帰り初戦というマイナス材料あるので、積極的には狙いにくいヴィブロス

まで。



<予想>
◎アドマイヤリード
○クイーンズリング
▲クインズミラーグロ
△ヴィブロス

 

 

 


 

 

2017年 中央競馬予想 | - | -
毎日王冠 2017 【予想】 脚を溜めれば速い上がりが使えるので、柔軟な位置取りができる

2017年10月8日(日)
東京11R 毎日王冠(G2)
芝1800m 3歳以上 別定 15:45発走


<展開>
逃げたい馬は不在で、ソウルスターリング、ダイワキャグニー、ヤングマンパワーが出たなりで出していって、ダイワキャグニーが押し出されるようにハナ。

その外に、ヤングマンパワーで、ソウルスターリングは折り合いも気になるので逃げ馬の後ろから。
一団で進むスローペースを想定。



本命は、リアルスティール

前走の中山記念は、中団馬群の中から追走して3コーナーから仕掛けて行ったが、直線に入ってもう脚がなく失速。

完敗ではあったが、あそこまでの止まり方は状態面の問題なのは明らか。

また、レース的にも前半4Fが超スローで、残り1000mだけのレース。
内を通った馬が上位独占したように、外を走っただけでも不利だったので仕方ない。


この馬は、瞬発力・トップスピードの速さ・持続力全てにおいて、高いレベルの馬。

菊花賞2着馬ではあるが、ジャパンCの直線の脚を見ると2400mは距離が長かったという結果。
今回は、安定していい走りができている1800m〜2000mの範囲の1800m戦。


スローの上がり勝負になりそうだが、天皇賞・秋のように脚を溜めれば速い上がりが使えるので、柔軟な位置取りができるのも強み。

頭まで考えると極端な控え方より、好位〜中団やや前くらいが理想。
狙い所は、ここと天皇賞・秋と考えているので期待する。



対抗は、マカヒキ

今年2戦使われて結果が出ていないが、京都記念は時計のかかる馬場に対応できず。
前走の大阪杯は、2000mの平均ペースの流れで、前にいる馬もいい脚を使ったので、残られてしまったという内容。

1800mは距離不足ではあるが、スローペースからの上がり勝負は大得意。

弥生賞では、スローペースの上がり2F勝負を33.6秒(上がり2位より0.8秒も速い)で差し切り勝ち。


このレースでみせた、仕掛けてからのトップスピードに入る瞬発力、トップスピードの速さは、かなりのもの。

スローペースからの瞬発力とトップスピードの速さは、トップクラスと考えている。

ペースが流れる1800mだと忙しくて不発になりそうだが、スローペースならこの距離でも対応できていいと考えて対抗に。



単穴は、サトノアラジン

前走の安田記念は、じわっと下げて後方4番手から追走。
直線で大外に出して追い出すとどんどん差を縮めてきて、残り200mでは2番手。

そこから先に抜け出していたロゴタイプ脚が止まるところ差し切って勝利。

直線に入ってから一番スピードが出る所で、2番手まで上がって、更に1Fいい脚を維持しての差し切りは強い内容。


今回は、1800mになるが、モンゴル大統領賞で勝っているのでこなせない距離ではない。

それより気になるのは、スローペース。

速い上がりを使うのだが、速い流れの中で使えるのがこの馬の強み。
だから、ペースが流れる1400mだと破壊力は増している(京王杯SCで、上がり32.4秒で勝利など)。

スローペースのヨーイドンになると、前の馬との上がりの差が出にくくなるし、強みが生きなくなるので、差し切れる可能性は下がる。

想定より少しペースが流れるようだと、差し切れる可能性は十分あると考えて相手に。



最後に穴で、ヤングマンパワー

1800mの距離対応は当然課題ではあるし、相手も強い。

ただ、スローペースからの上がり勝負はこの馬の得意な展開。

富士Sは、スローペースからの上がり3F勝負を、3番手から粘って勝利。
読売マイラーズCでも、前半スローペースからの4F勝負を、2番手から粘って3着。


スローペースで上位の上がりを使うのではなく、位置取りの有利さを生かしてしぶとく粘っている。

今回は、逃げる競馬が期待できるメンバー構成。
スローペースで逃げて、上がり勝負に持ち込んだら、3着くらいならあってもいいと感じる。

全く人気がないので、押さえておきたい。




他の人気馬は、

ソウルスターリングは、正攻法の競馬で結果を出してきたが、このメンバーに入っての上がり勝負だとトップスピードの速さが劣る。
前にいる有利さと斤量差で、掲示板に残れればという印象。


グレーターロンドンは、スローの上がり勝負は歓迎も、距離を1600mにして末脚の威力が上がった馬。
1800mに距離を伸ばして、同じ脚を使うのは難しいと考えて軽視した。



<予想>
◎リアルスティール
○マカヒキ
▲サトノアラジン
△ヤングマンパワー

 

 


 

 

 

2017年 中央競馬予想 | - | -
ローズステークス 2017 【予想】 目標は次と思うが、力がある相手も同じ

2017年9月17日(日)
阪神11R ローズステークス(G2)
芝1800m 3歳牝 馬齢 15:35発走



本命は、ファンディーナ

前走の皐月賞は、好スタートだったが外の馬を行かせて、逃げ馬の後ろの4番手から追走。
4コーナーで持ったまま外に出して追い出して、一旦先頭に出たが、残り200mから後続の馬が差してきて7着。

このレースは、平均ペースからのロングスパート勝負で、ラスト4F11.9-11.4-11.4-11.7。

緩めのペースから瞬発力とトップスピード速さで勝ってきたこの馬にとって、牡馬トップクラスの長くいい脚が問われるレースだと持続力不足が出てしまった。


今回は、牝馬相手で相手は楽になり、ペースが落ち着きやすいローズS。

フラワーC(ラスト3F12.4-11.2-11.7)や、つばき賞(ラスト3F12.2-10.7-11.0)で見せた瞬発力とトップスピード速さが生きる。

また、新馬戦でかなり時計のかかる馬場で圧勝していて、時計のかかる馬場も問題ない。

目標は次と思うが、力がある相手も同じ。
普通に走れれば、結果が付いてくると考えて期待する。



相手は、

爆発力はないが、中団からどんなペースでも自分の脚だけはしっかり使って来る
桜花賞で時計のかかる馬場の対応を見せているリスグラシュー

前走は、1000万下で一定ラップの平均ペースで、長くいい脚を使って差し切り。
33秒台の上がり勝負になると分が悪いので、母父シングスピールの血統からも雨の影響のある馬場は面白いミリッサ

オークスは、完全に距離は敗因という感じの止まり方で惨敗。
1600mまでの可能性はあるが、前走と比較すると距離短縮、雨の影響のある馬場は歓迎のレーヌミノル

桜花賞とオークスではいいところがなかったが、チューリップ賞の走りを考えると力を出し切っての負けではない。
ペースが緩んでの距離短縮は歓迎で、チューリップ賞でリスグラシューやミリッサに先着したことを考えると舐められすぎなミスパンテール

まで。


<予想>
◎ファンディーナ
○リスグラシュー
▲ミリッサ
△レーヌミノル
☆ミスパンテール



 

2017年 中央競馬予想 | - | -
セントウルステークス 2017 【予想】 坂に入っても勢いが止まらない差し脚に期待

2017年9月10日(日)
阪神11R セントウルステークス(G2)
芝1200m 3歳以上 別定 15:35発走


本命は、メラグラーナ

ここ2戦の高松宮記念・CBC賞は、中団やや後ろから追走して、直線伸びずで10着。

ラピスラズリS・オーシャンSの連勝と比較すると明らかに直線伸びていない。
同じ中京だったフィリピンT(1000万下)の時より内容が悪いので、雨の影響のある馬場が苦手という可能性が高い。

今回は、待望の良馬場。
コースも、右回りで最後に坂がある阪神コースに変わるのは、中山を得意としているこの馬には歓迎。

グランシルクに乗ることも出来たはずの戸崎騎手が、2戦崩れてもまだ乗っているのは、力負けではないと騎手も考えているからと言うのが伝わってくる。

オーシャンSで見せた坂に入っても勢いが止まらない差し脚に期待する。


相手は、

前走は、結果が出ていない間隔が空いたレースで、それも初重賞挑戦でコースも初めて。走れというのが難しい条件。
一度使って、2走前に57.5kgで高速馬場を好位から完勝した条件に戻るファインニードル

北九州記念らしくなく、ハイペースにならず前が残れる展開ではあったが0.3秒差3着。
春雷Sで時計が出る馬場でも、33.2秒の脚で前で粘れるところを見せているアルティマブラッド

1000mは悪くないが、1200mより脚が溜まらずにラスト1F一気に失速してしまった。
この枠なら2番手から競馬もできるので、自分のペースで走って粘り込んでいいフィドゥーシア

前走は、差しが決まるという流れではない中で、自ら速い上がり(33.1)を使って差し切り勝ち。
上がりのタイム差が出る少し時計がかかる馬場が理想も、末脚強烈なダンスディレクター

まで。


◎メラグラーナ
○ファインニードル
▲アルティマブラッド
△フィドゥーシア
☆ダンスディレクター


 

 

2017年 中央競馬予想 | - | -
京成杯オータムハンデキャップ 2017 【予想】 OPクラスだとペースが流れてくれた方が

2017年9月10日(日)
中山11R 京成杯オータムハンデキャップ(G3)
芝1600m 3歳以上 ハンデ 15:45発走



本命は、グランシルク

前走は、中団やや後ろの馬群の中から追走。
直線で馬群の間を通って伸びてきたが、2着まで。

2番手から勝ったウインガニオンと最後方から3着のブラックムーンが、最内の1頭分だけいい馬場の最内の進路を通っていたことを考えると、ロスのある進路取りで2着まで持ってきたのは評価できる。

ただ、やはりOPクラスに入って上がり勝負だと、位置取りの悪さが不利になるという結果。
スローでも対応できるが、OPクラスだとペースが流れてくれた方が差し切りやすいので、中山は合う。

ニューイヤーSは、中団の最内から追走して、直線で前の馬がふらふらして抜け出すのが少し遅れたがしっかり伸びて2着。

ダービー卿CTでも、出遅れて少し位置取りが悪く、直線に入って少し外に出そうとしたが進路がなく、内に切り替える進路取りで0.1秒差3着。

どちらももう少しだけスムーズに運べたら差しきれていていい好内容。

今回も、勝ち切るまでは「スムーズに競馬ができるか?」が課題になるが、上位争いには安定して加わってくる期待はできる。



相手は、

大外枠に入ってしまったが、ニューイヤーS・ダービー卿CTどちらも馬番11番のやや外目からの好走。
一定ラップになる中山1600mで、持続力が生きるマイネルアウラート

58kgの斤量は楽ではないが、行くだけ行って粘る馬なので、中山1600mは適性に合う条件。
G1で勝負する馬ではないので、間違いなくここを全力で勝負してくるマルターズアポジー

中山1600mは、市川S(1600万下)、ニューイヤーSを連勝しているベスト条件。
最内枠に入れたので、スタートを決めて好位の内で追走できれば馬券圏内に持ってこれる走りはしているダイワリベラル

上がり上位の脚を使うが、位置取りが悪すぎるので、上位争いに加わるのは展開の助けがやはり欲しい。
中山1600mの重賞ならペースが流れてくれる期待値高く、スプリンターズSでも最速上がりが使える末脚魅力のウキヨノカゼ

福島1800mや小倉1800mの平均ペースを前で粘って好走して、中山1600mが合いそうな走りを見せている。
脚元の関係で間隔が空いてしまったが、距離短縮の中山1600mは魅力あるウインフルブルーム

まで。


<予想>
◎グランシルク
○マイネルアウラート
▲マルターズアポジー
△ダイワリベラル
☆ウキヨノカゼ
注ウインフルブルーム


 

2017年 中央競馬予想 | - | -
RECOMMEND

nigeの初単行本!発売中!



Amazonはこちら

楽天ブックスはこちら


【初めての方はこの記事から】
ブログについての簡単な説明


【nigeのダート有料情報】
こちらから↓
「nige」の競馬予想
12月からの会員募集をまもなく開始予定!



SELECTED ENTRIES
=PR=


【ワールド競馬WEB】



競馬の神様”故・大川慶次郎が創設
【ホースメン会議】
ホースメン会議:北九州記念200-200.gif


穴の老舗【暴露王】
暴露王:札幌記念200_200.gif


【楽天競馬】



【DMM mobile】




CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • JRA-VAN お友達紹介キャンペーン クーポンID
    うま吉の弟子 (05/01)
  • JRA-VAN お友達紹介キャンペーン クーポンID
    おか (11/13)
  • JRA-VAN お友達紹介キャンペーン クーポンID
    まぴ (10/26)
  • 毎日王冠 2015【予想】勝つことを考えたら、逃げ〜好位の位置で、速い上がりを使えるこの馬 ※7:26買い目追記
    大和克典 (10/10)
  • スプリンターズステークス 2015【出走予定馬評価】ベルカント 見た目のラップより楽な競馬で、中山替わりもマイナスで
    nige (10/01)
  • スプリンターズステークス 2015【出走予定馬評価】ベルカント 見た目のラップより楽な競馬で、中山替わりもマイナスで
    ゼン笑い (10/01)
  • ムーンライトカップ 2015【予想】大井内回り1600mがいいという馬がいないなら
    nige (09/30)
  • ムーンライトカップ 2015【予想】大井内回り1600mがいいという馬がいないなら
    nige (09/30)
  • ムーンライトカップ 2015【予想】大井内回り1600mがいいという馬がいないなら
    裕太 (09/29)
  • ムーンライトカップ 2015【予想】大井内回り1600mがいいという馬がいないなら
    まぁち〜 (09/29)
RECENT TRACKBACK
カウンター(2008/4/1〜)


にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ

にほんブログ村 競馬ブログ 地方競馬・ばんえいへ



過去の高配当ベスト3
2005年10月09日 毎日王冠(G2)
1着 サンライズペガサス(9人気)
2着 テレグノシス(6人気)
3着 ケイアイガード(13人気)
1,479,620
147万馬券
2007年03月25日 高松宮記念(G1)
1着 スズカフェニックス(1人気)
2着 ペールギュント(13人気)
3着 プリサイスマシーン(2人気)
546,450
54万馬券
2006年09月18日 エルムS(G3)
1着 ヒシアトラス(5人気)
2着 ジンクライシス(7人気)
3着 オーガストバイオ(10人気)
317,760
31万馬券
このブログの価格?!









PROFILE
広告掲載についてのお問い合わせは
こちらから
モバイル
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>